• Case1
  • Case2
  • Case3
  • Case4
  • Case5
  • Case6
  • もどる
  • Case6

case7.最近咬みにくくなってきた2

歯茎の腫れ、出血がみられ、奥歯も折れてしまい、最近しっかりと噛むことができない患者様です。

befor

歯茎の腫れ、出血だけでなく、奥歯も折れてしまい、
満足に食事することもできず、大変ストレスをためておられました。

operation

上顎への骨移植(骨造成:GBR)とインプラント埋入。

下顎インプラントの
CTシュミレーション。

一回法でインプラントを
植え、早期に歯のない左側を
噛めるようにしました。

歯周病になった歯へは骨移植や歯周組織再生療法を行いました。

after

治療前は噛むところが前歯しかなく、歯周病もかなり
進行していました。

歯周病には組織再生療法や骨移植を行い、歯のないところには
インプラントを植え、奥歯まで噛みあわせを造り上げました。

天然歯には歯周再生療法を行い、歯のないところには、
インプラントを行いました。患者様は、審美的、機能的に
大変満足しておられます。