歯を失うこともある恐ろしい歯周病。
早期発見・早期治療が大切です。

この数年の間に、歯周治療は急速な進歩を遂げました。以前は「不治の病」とさえ
言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、
健康をとりもどすことができるのです。

症例集

歯周病の特徴は?

1. 朝起きた時、口の中がネバネバする。 5. 歯肉が赤く腫れている。
(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
2. ブラッシング時に出血する。 6. かたい物が噛みにくい。
3. 口臭が気になる。 7. 歯が長くなったような気がする。
4. 歯肉がむずがゆい、痛い。 8. 前歯が出っ歯になったり、
歯と歯の間に隙間がでてきた。

歯周病(歯槽膿漏)ってどんな病気?

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、かつては歯槽膿漏を言われていました。
歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。しかし、痛みは全くありません。さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。
この時期になると、やっと痛みや腫れをともないます。
そして、最後には歯が抜けてしまいます。

原因は何?

お口の中にはおよそ400種類の細菌が住んでいます。これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これを歯垢と言います。歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。

■次のことも歯周病を進行させる因子となります。

1. 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ 5. ストレス
2. 不適合な冠や義歯 6. 全身疾患
(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
3. 食習慣 7. 薬の長期服用
4. 喫煙

歯周病って治るの?

現在では歯周病は、予防でき治療も可能です。大切なのは予防、診断、治療、そしてメインテナンスです。

まず、歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。
そのためには…

正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切なことです。

歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。

痛んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。

健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることです。


▲健康な歯周組織


▲歯周病の歯周組織


▲顕微鏡で見た口中細菌

歯周病の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることなく症状がどんどん進むことです。痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状ありません。これがこの病気の最大の特徴で、また一番怖いところです。

当院は沈静麻酔を導入しております。

当院の症例集はこちら